いじめてあげる。(篁アンナ)|BL電子コミック

いじめてあげる。(篁アンナ)

▼▼まずは無料サンプル試し読み▼▼

[ComicFesta]いじめてあげる。

[ComicFesta]いじめてあげる。

▲▲ComicFestaで配信中▲▲

スマホ専用コミック(android & iPhone 対応)

(試し読みは完全無料です)

タイトル名 いじめてあげる。(篁アンナ)
配信サイト ComicFesta|会員月額540円〜
配信話数 25話完結!
必要ポイント 50pt / 話

いじめてあげる。|ストーリー紹介

南は自身の母校でもある中学で教師をしながら平凡な日々を過ごしていた。

 

ある日、南の学校に新しい先生が赴任してくることに。

 

その人物は中学時代の同級生・甲斐であった。

 

驚く南、というのも甲斐は親友であったのにも関わらずいじめが原因で仲違いしてしまう
その後、南の転校によって離れ離れになったきりになってしまった。

 

久々の再開にも関わらず、昔と変わない態度で話してくれる甲斐にホッとする南。

 

しかし、甲斐が来てから謎の嫌がらせが南を襲うことに。

 

靴がなくなったりと昔のいじめを彷彿とさせる嫌がらせに戸惑う南。

 

実はそれらは全て甲斐の仕業。

 

そう、彼にはある恐ろしい目的があるのであった。

登場キャラクター紹介

中学時代はいじめられっ子であった。
甲斐とは仲が良かったが、いじめに巻き込むまいとしてひどい態度を取りそれっきり話さなくなってしまった。
学校では生徒にも慕われる人気の先生。

 

甲斐望

南とは中学時代の同級生で親友。
イケメンで明るい性格から昔から人気者。
南に復讐すべく、教師になって母校に帰ってきた。

 

いじめてあげる。(篁アンナ)

▼無料サンプルあります▼

[ComicFesta]いじめてあげる。

配信サイト:コミックフェスタ

いじめてあげる。読んだ感想

爽やかな甲斐が南への復讐の時に見せるドSな顔が、たまらなくドキッとさせられます。

 

生徒の前では優しい先生なのに、南の前だけでは冷めた表情を見せる甲斐。

 

そして追い詰め、関係を迫るその顔はどこか楽しそうでもあり、腐女子でなくともドキドキがたまらない作品です。

 

甲斐とまた普通に話せると喜んだのも束の間、彼に迫られることになった南の怯えた表情がこれまた可愛いです。

 

甲斐のことが本当に嫌いだったわけではないのに、大人になって復讐と言われても戸惑いますよね。

 

それでも追い詰められ、嫌々ながらも受け入れるしか選択肢がないとか…

 

可哀想ですが見ている方としてはドキドキ、ムフフといった嬉しいシーンですね。

 

久々に再開した親友 彼が現れた理由とは…

 

甲斐の目的は本当に復讐だけなのか?そして、南の運命やいかに!?

 

少女漫画好きには特に読みやすい雰囲気の作品だと思うので、良作BL漫画を探しているあなた!ぜひ「いじめてあげる。」を読んでみてください!!

 

いじめてあげる。(篁アンナ)

▼▼電子コミックで今すぐ読む▼▼

[ComicFesta]いじめてあげる。

[ComicFesta]いじめてあげる。

▲▲画像タッチでコミック公式サイト▲▲

ComicFesta(月額540円〜)

スマホ専用コミック(android & iPhone 対応)

第1話 忌まわしい過去と再開
第2話 逃げられない…淫らに変貌していくいじめ
第3話 傷ついた顔を見せて、復讐という名の強制快楽
第4話 俺のこと避けたおしおきだよ
第5話 ローターに犯されながらの歓迎会
第6話 許さない、冷たい言葉と熱いカラダ
第7話 すぐそこに人がいるのに…職員室の机の下で弄られて
第8話 重なる過去と、優しい唇
第9話 もっとおかしくなればいい、言葉と裏腹な表情に乱されて
第10話 どうして急に…図書室で脱がされて…
第11話 俺のこと裏切ったくせに…苦しいほどの快楽に犯されて
第12話 そのまま話して…背後から伸ばされた魔の手
第13話 電話しながらとか、興奮しない?
第14話 拒めない手…慰めてよ、お前のカラダで…
第15話 何度も抱いて刻み込んであげる
第16話 最低だ…友達なのに想像の中で何度も…
第17話 この関係が壊れてしまうくらいなら
第18話 ただの友達だったら…復讐なんてしなかったのに
第19話 抱きしめられて目覚めるなんて
第20話 嫌がらせでも復讐でもないなら、この行為の意味を教えて
第21話 見つかったキスマーク、関係の露見
第22話 また、傷つけた…変わってしまった関係
第23話 熱を持つカラダ、戸惑う心
第24話 感じてる顔、もっと見せてあげようか
第25話 俺だけが、いじめてあげる。
 
inserted by FC2 system